「アドテック東京2019」出展のご案内 ~360度画像とAIを活用したバナー広告をご紹介~

Ad

リコーは、11月27日(水)と28日(木)の2日間、東京国際フォーラムで開催される「アドテック東京2019」に出展し、クリック率が高く訴求力のあるリコーの360度バナー広告をご紹介します。

アドテック東京は本年で11回目を迎えるアジアで最大規模の国際マーケティング・カンファレンスで、広告主、広告代理店、ソリューションプロバイダー、メディアなど、各ジャンルのマーケターが集まる展示会です。

リコーの360度バナー広告とは、RICOH THETAなどで撮影した360度写真をはじめ、ゲーム空間やイラストをパノラマ化した画像や3Dデータ等を素材に用いて、触って動かせるインタラクティブなアニメーション広告をWeb広告枠に表示させる新しいサービスです。

近年は、1ページに表示される広告の数が増加傾向にあり、従来に比べWeb広告の効果が出にくくなっていると言われています。

360度バナー広告では、当社のAI(人工知能)がデータに基づいて広告素材を分析し、人の目をひきやすい映像を生成することで高いクリック率を実現します。また、広告をタップしての操作ができたり、スマートフォンの向きと連動して動かせるインタラクティブ性があるため、ユーザーの興味をより喚起しクリック率を向上させることができます。360度カメラで写真を撮るだけで簡単に素材を準備できるほか、ゲーム等のお手持ちの空間データを使って広告を制作することができ、幅広いクリエイティブをご提案することが可能です。

リコーは、360度素材を使った新しい広告配信により、ウェブサイトへの誘導率とパフォーマンス向上をご提案します。

展示会の概要

名称アドテック東京2019
会期2019年11月27日(水) 9:00-19:00、11月28日(木) 9:00-18:00
場所東京国際フォーラム EXHIBITION HALL(B2F)※リコーブース 54
主催Comexposium Japan株式会社
※本展示会の無料入場には11月26日までの登録が必要です。下記URLより主催者ページにアクセスいただき、手続きをお願いいたします。