圧倒的に使いやすい。
早い、簡単、しかも高品質。

THETA

RICOHは、2013年にコンシューマ向けとして世界初の360度カメラを発売して以来、 この分野をリードしてきました。
RICOH THETAで撮影する360度の静止画・動画は本体の表裏2枚の超広角レンズが上下左右をぐるっと一度に撮影、合成することで作られます。
コンパクトで軽量のため荷物の邪魔にならず、スピード起動のため撮りたい時に、ワンタッチで撮影が可能です。
オンライン上での物件紹介や建設現場などの施設のリアルな情報を伝えるカメラとして最適です。

RICOH THETAの魅力

画角や傾き、カメラ設定を
気にしなくても
ワンボタンで360°撮影

スマートフォンや
外部記憶メディアを
用意しなくても撮影可能

sectionTitle

軽くて持ち運びやすい
撮りたいときに
すぐ取り出せる

サービス連携のための
プラグインや
SDK/APIを提供

撮影から共有までをシームレスに

RICOH THETAは、リコーが提供するRICOH360 ToursやRICOH360 Projectsをはじめ、
様々なソフトウエアと連携し、お客様のニーズに合わせたサービスを提供します。
RICOH THETAと連携をご検討中の方はこちらのプラグイン、SDK/API公開情報をご覧ください。

撮影

撮影

RICOH THETAで撮影
RICOH360が提供する
モバイルアプリからも撮影可能

作成・整理

作成・整理

RICOH360が提供する
モバイルアプリでその場で作成
あとからPCで整理・編集も

共有

共有

作成したら簡単に公開・共有

RICOH THETA シリーズ

THETA Z1

THETA Z1

シリーズ最高画質のフラッグシップモデル。
1型センサー搭載のため薄暗いシーンに強く、建設現場の撮影向き。
RAWフォーマットで撮影・現像もできるので、より高品質なバーチャルツアーを作りたい方にもおすすめです。

RAW撮影: ○
動画解像度: 4K(最大)
バッテリー交換: ×
メモリーカード交換: ×
プラグイン: ○

THETA X

THETA X

本体に大型タッチパネルを搭載し、スマホレスで設定や撮影した画像表示が可能な、誰でも使いやすい機種です。
HDR合成処理の早さや、窓枠のパープルフリンジの少なさなど、不動産撮影に向いています。また、バッテリー交換が可能なため、長時間の撮影にも◎

RAW撮影: ×
動画解像度: 5.7K(最大)
バッテリー交換: ○
メモリーカード交換: ○
プラグイン: ○

THETA SC2

THETA SC2

シンプルな操作で気軽に使える360カメラの入門モデル。
値段を抑えてまずは試してみたい方におすすめです。
高性能を気軽に楽しみながらビジネスに活用ください。

RAW撮影: ×
動画解像度: 4K(最大)
バッテリー交換: ×
メモリーカード交換: ×
プラグイン: ×

物件の内見(不動産)

物件を探すお客様は最初にWebサイトで情報を見ることが一般的なため、物件の良さや、内部の位置関係や状況を正確に伝えるために多くの写真を撮影、掲載しています。
360度カメラRICOH THETAで撮影すれば、1ショットで空間全体を撮影できるので、簡単に、物件をリアルに伝えることができます。360度画像どうしをつなぎ、ツアーとして見せることで、バーチャルな内見が実現できます。
営業の面でも、確度の高いお客様を獲得できるので、ワークフローを効率化できます。

物件の内見(不動産)

現地調査(建設)

業務の最初に行う現地調査では、現場の状況を正確に把握するため、かなりの枚数の写真を撮影する必要がありました。それでも撮り逃しや見たい人の意図とずれた写真になることがありました。
360度カメラRICOH THETAで撮影すれば、1ショットで空間全体を撮影できるので、現場の状況を撮り逃すことがなく、また現場に行っていない人にも現場の状況を共有することができます。
THETAで撮影した画像をもとに見積もりの作成や工事の進捗確認に活用できます。撮影時間の短縮だけでなく、正確な情報による手戻りや誤解を防ぎ、ワークフローの短縮にも効果があります。

現地調査(建設)

必要なサービスを、リコーでまとめる

パッケージ化することで業務フローを大幅に短縮、
無理なくサイクルをまわすことができます。

不動産営業で空き物件の紹介に

建設現場での状況把握に